more Beauty 

by Mariko Nishida

 

「keep your BALANCE」


 「もっとキレイになりたいなぁ」ぐらいの軽い思いなら、私たちきっとすべての女性が持っている願望と言っても過言ではないと思います。わたし的には、常にこのぐらいは望んでいないとキレイの進化って止まってしまう気がするのです。だからみなさんにはもっと声を大にして「きれいになりたい!」って叫んでほしいなぁ、と実は思ったりしています。(私なんて…と言われる方ほど、そんな風に思っていないことも知っていますから。)

でも時には期せずして「絶対キレイになる!」と奮起してしまう瞬間を迎えてしまうこともありますよね。以前エステのCMだったか、失恋した女の子がそんな台詞を口にしていたような… 

もちろんこれも大いにあり得る話ですが、現実に女性がこの言葉を口にする瞬間、それは対男性より対女性のほうが圧倒的に多いのではないかと、わたしは確信しています。例えば同級生と久しぶりに会って、相手のキレイ度が明らかに上だった時とか…失礼ながら、昔はそんなに目立ってかわいくもなかった友達が、輝くような美しいオーラを放っているのを知ってしまった途端、「絶対キレイになりたい!」願望にスイッチが入って一大奮起!と、まあこんなところでしょうか。


 そこで、前置きが長くなってしまいましたが、今回のキーワードはバランス。

一個人としては今の時代、何か飛び抜けた個性が評価されがちですが、女性のキレイは全く逆。すべてにバランスがとれていること、これが最も大切なのです。だから何かのきっかけで、キレイになりたいと一大決心をした後は常にバランスを確認しながら平均点を上げることに徹して下さい。なぜなら一点豪華主義のスキンケアでは本当の肌の美しさは手に入れることは出来ず、またメイクのアイテム数を増やすだけでは完成度の高いメイクアップは望めません。肌の美しさあってのメイクアップ、メイクの技があってのファションとの連帯感。そしてトータルコーディネイト力が肌の美しさをいっそう引き立てる… そう、バランスがとれた美しさは相乗効果により、ますます輝きを増すことにもなるのです。でもうっかり偏ったキレイにこだわってしまうと…いとも簡単に美しさは崩れ落ちてしまうことに。


 また、このほかにも健康であったり、内面からにじみ出る美しさであったりと、バランス感覚は年齢を重ねるほど求められる傾向にあります。でも肉体と同じくだんだん歪みやすくなってくるのもまた事実。

年に一度の健康診断ならぬバランス診断、実施してみるなんていかがですか?

tomato 12月号掲載)

Homeindex.html
ActivitiesActivities.html
MediaMedia.html
Bloghttp://ameblo.jp/morebeauty-marip2/
Contactcontact.html
Columncolumn_1.html